about Safety安全について

通行者のための安全ガイド

自動ドアを安全·快適に御利用いただくために
「自動ドアのしくみ」·「正しい通り方」·「守っていただきたいこと」
を御理解いただきますようお願いします。

7つのポイントぶつからない・はさまれない・ころばない ために

ぶつからない・はさまれない・ころばない ために

1ドアが完全に開いてから通行しましょう。

ドアが完全に開いたことを確認してから通行しましょう。無理な通行は事故のもとになります。

2かけ込むのはやめましょう。

センサーが人を検出してもドアはすぐには開きません。
かけ込むとガラスにぶつかったりして危険です。
かけ込むのはやめましょう。

3ドアの間に立ち止まらないようにしましょう。

開いたドアの間に人が立ち止まるとセンサーが検出しないことがあり、ドアに挟まれるおそれがあります。立ち止まりはやめましょう。

4ドアに斜めから入るのはやめましょう。

ドアの斜めや真横から進入すると、ドアの開閉のタイミングが遅れ追突するおそれがあります。
ドアの正面から真直ぐに入るようにしましょう。

5小さなお子様は手をつないで通りましょう。

小さなお子様やお年寄り、お身体の不自由な方が通行する場合には、周囲にいらっしゃる方が、付き添いましょう。

6自動ドアの周りで遊ぶのはやめましょう。

お子様が、自動ドアの開閉を面白がって遊んでいると、ドアや戸袋に体や手が挟まれるおそれがあります。
遊ぶのはやめましょう。

7通行中のスマートフォンの使用はやめましょう。

通行中にスマートフォンを使用すると前方が不注意となり、大変危険ですので、やめましょう。

通行中のご注意!

自動車が急ブレーキを掛けても急に止まらないように、閉じかけている自動ドアも急には止まりません。無理な通り抜けはドアに接触する恐れがあり危険です。ドアが開いたことを確認してから通行しましょう。

自動ドアの仕組み

自動ドアは、センサーが通行者を検出すると、制御装置へ信号を送り、その信号を受けてモータ·減速機がベルト、プーリを動かし、ドアが開きます。
そして、センサーが通行者をキャッチしなくなると、あらかじめ設定されたタイマーが切れてから、ドアは閉まり始めます。
補助光電センサーは、ドア走行部の検出範囲を補うセンサーです。

建物管理者の皆様へお願い

通行者の皆様に注意をしていただくため
「自動ドア表示ステッカー」
「警告ラベル」「戸袋側警告ラベル」
の貼り付けを推奨しておりますので、ご協力くださいますようお願いいたします。

(※もし万一ケガや事故にあわれた場合は、建物の管理人にお知らせください。)

Download 自動ドアを正しくご利用いただくために(安全ガイド)(pdf 1.1MB)

このページのトップへ