協会概要
会員紹介
自動ドアの効用
安全について
統計資料
保守点検と修理
自動ドア施工技能士
FAQ
会員ページ
サイトポリシー
サイトマップ
お問合せ



HOME > 自動ドア施工技能士

自動ドア施工技能士

技能士の資格
 

全国自動ドア協会では1986年から全国自動ドア協会認定

の施工技士制度を発足し、その後1992年に国家検定の技
能士制度に移行しました。
技能検定は、受検者の技能を所定の基準を以って検定し、こ

れを公証する国家検定制度であり、その業務に従事する者の

技能と地位の向上を図るとともに、我国の産業の発展に寄与

する資格制度として、職業能力開発促進法(昭和44年法律第

64号)に基づいて実施されています。

技能士の仕事
 

自動ドアは機械と電子機器などで構成する高度なシステム

製品であり、所定の工事仕様書や施工指示図書などを理解

できる訓練された施工技能士が正しい施工をして、施工品

質の確認をし、更に、適正な保守を実施することによって、

はじめて安全性の高い自動ドアシステムとしての機能が発

揮され、お客さまに満足していただける商品となります。

そのために、技能士は大変重要な役割を果たしています。

技能士の証明
 

技能検定に合格した者は、技能士と称することができます。

1級は厚生労働大臣、2級は都道府県知事から、それぞれ

の技能士に対して合格証が交付されています。

ちなみに、現在では全国自動ドア協会加盟会社の技術者の

うち、ほぼ3人に1人が技能士の資格を持っています。





前のページに戻る

Copyright (C) Japan Automatic Door Association 2004