協会概要
会員紹介
自動ドアの効用
安全について
統計資料
保守点検と修理
自動ドア施工技能士
FAQ
会員ページ
サイトポリシー
個人情報の取り扱いについて
サイトマップ
お問合せ



HOME > 協会概要 > ごあいさつ

協会概要

 

 

 

三代 洋右

 全国自動ドア協会は、昭和49年(1974年)4月に設立され、以降、当協会では、「安全」 「安心」「快適」をキーワードに、自動ドアのバリアフリー化、通行者の安全性向上、省エネルギー化、セキュリティ性向上を図り、社会の発展向上に貢献することを目指しています。
 現在、当協会の会員会社による自動ドア据付台数は国内全体の約90%を占めています。

ごあいさつ

 本格的な高齢化社会を迎え、一段と福祉が叫ばれる時代となりました。当然ながら、高齢者・障害者の方々の社会参加を広く進めるためにも、生活環境のバリアフリー化に拍車が掛かり、国や自治体では「ハートビル法の推進」や「福祉の街づくり」が行政の柱とされております。特に、交通機関の建物には急速にその配慮が実現化されてまいりました。
 また、バリアフリー化とともに、自動ドアをご利用頂いている方々が安心して通行できるように、より高い安全性が求められるようになり2017年3月には経済産業省により、自動ドア全般にわたる安全規格「JIS A 4722(歩行者用自動ドアセット−安全性)」が制定されました。本JIS規格は、高齢者やお子様、車いす使用者に配慮した安全思想と、設計段階からの安全に対する工夫と配慮により、これまで以上にすべての人が安心して自動ドアをご利用頂くことを目的としております。一方、地球規模での資源の有効利用と環境保全との同時達成に向けて、省エネルギーの推進は全地球的な課題となっております。そのためにも、人が通らない時には確実に空気の流れを遮断する機能を備えた自動ドアは、その有効性が高く評価されてまいりました。

 このように、バリアフリー化、より高い通行者の安全性向上、省エネルギー化など、行き届いたオートマチックエントランスを提供し、社会の発展向上に貢献することを目指しているのが「全国自動ドア協会」であります。私達の協会には、より安全で、品質の優れた自動ドアシステムを作り、質の高い施工とお客様に安心して頂けるメンテナンスなど、各段階でのサービスを一貫して提供することが、お客様への責任ある最高のサービスであると考え努力している企業が集まっております。
 自動ドアをご利用頂いております通行者の方々、ご愛顧頂いております施主様、建築関係者の皆様には、私達の目指しております目標にご理解頂き、今後とも引き続き、ご指導・ご鞭撻とご協力の程を賜りますことをお願い申し上げます。

全国自動ドア協会
会長 箱田 大典

前のページに戻る

Copyright (C) Japan Automatic Door Association 2004