協会概要
会員紹介
自動ドアの効用
安全について
統計資料
保守点検と修理
自動ドア施工技能士
FAQ
会員ページ
サイトポリシー
個人情報の取り扱いについて
サイトマップ
お問合せ



HOME > 保守点検と修理 > 修理について

保守点検と修理 修理について
   
消耗や損傷が著しいものは、部品交換などの修理措置を行います
 
交換    
消耗 や損傷が激しい部分があるときは、部品交換や油の交換により機能の回復を図る。
@ 部品交換:磨耗・変形などが著しく、次回点検まで使用に耐えない部品の交換
A 油交換 :油の交換が必要と判断された項目に対して行う。

分解整備
消耗や損傷が広い範囲にわたる場合は、分解して劣化した部分や部品を交換する。

定期交換
部品の中には外観や測定で寿命を判断することが難しく、経験的に使用回数又は使用期間で部品寿命を算定する部品があるが、それらの部品は定められた使用期間毎に交換が必要である。

 





前のページに戻る

Copyright (C) Japan Automatic Door Association 2004