協会概要
会員紹介
自動ドアの効用
安全について
統計資料
保守点検と修理
自動ドア施工技能士
FAQ
会員ページ
サイトポリシー
サイトマップ
お問合せ



HOME > Topics > 防犯性能の高い自動ドア

Topics
防犯性能の高い自動ドア
 

玄関からの不正な侵入に対抗する防犯性能を備えた自動ドアが「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」の審査に合格し、「防犯性の高い建物部品」目録に登録されました。その概要は下記のとおりです。

種類区分
   ドア関係―ガラス引き戸(自動を含む)

試験項目と抵抗時間
1. この目録には「建具の防犯性能の試験に関する細則 試験計画書1−5)ガラス引戸(自動を含む)」に定める試験項目の全てについて、5分以上の抵抗時間を示した商品のうち、主として非木造集合住宅等に用いるビル用のものを掲載。
2. この目録には「防犯仕様商品」を有する型番/商品(シリーズ)名を掲載。


付帯条件
1. ガラス引戸(自動を含む)に装填する錠は、少なくとも1箇所は目録に登載の錠を使用すること。なお、そのうちの少なくとも1個は、戸に穴をあけて手を差し込んでもサムターンを操作することが不可能な仕様のサムターンを使用していること。ただし、屋外側から施開錠しない錠は、目録に登載の錠でなくてもよい。
2. ガラス引戸(自動を含む)に装填するガラスは、目録に登載のガラス又はウィンドウフィルムを使用すること。
ただし、ガラスの有効開口が次の(1)から(3)までに示す大きさのブロックのいずれも通過が不可能な場合を除く。
(1)400mm×250mmの長方形
(2)400mm×300mmの楕円形
(3)直径が350mmの円
3. ガラスの代わりにパネル類を用いる場合は、鋼製若しくはステンレス製で板厚1.5mm以上のもの又アルミニウム製で厚さ2.0mm以上のものを用いること。
4. その他建具の試験細則に付属する基準書に従うこと。

目録
「防犯性能の高い建物部品」目録は、財団法人 全国防犯協会連合会が運営するウェブサイトに掲示されています
・全国防犯協会連合会<http://www.bohan.or.jp/
・目録<http://www.cp-bohan.jp/pdf/glasspulldoor.pdf


前のページに戻る

Copyright (C) Japan Automatic Door Association 2004