協会概要
会員紹介
自動ドアの効用
安全について
統計資料
保守点検と修理
自動ドア施工技能士
FAQ
会員ページ
サイトポリシー
個人情報の取り扱いについて
サイトマップ
お問合せ



HOME > Topics > 自動ドアの安全な通り方

Topics
自動ドアの安全な通り方
 

保護者、教育者の皆様へ

通行上の注意

タッチスイッチ式の自動ドアの場合

タッチスイッチを押してあける自動ドアは、後続の人を感知しないものがあります。前の人に続いて通る場合は、開いたドアがすぐに閉まってこないか確認してから通りましょう。

※古い自動ドアでは、通行中の人を感知する補助センサーがついていないものもあります。
最近の自動ドアでは、補助センサーが設置されるケースが多くなりました。

マンション等のオートロック式自動ドアの場合

オートロック式の自動ドアは、防犯のため、早めに閉じる傾向がありますので、要領良く通行してください。また、人の操作により、予期せずドアが開くことがありますので、お子様をドアの近くで遊ばせないようにしてください。

子供連れの通行について

子供は思いもよらない行動をします。お子様連れで自動ドアを通るときは、お子様の手をつないで、ドアが開いたことを確認してから通りましょう。
また、お子様だけを自動ドアのそばで遊ばせると、思わぬ事故の原因になります。

 

■ 自動ドアの安全な通り方
1.表紙 | 2.はじめに |  3.かけこみ |  4.立ち止まり |
  5.ななめ進入  6.引き込まれ |  7.戸袋側の衝突 |
  8.通行上の注意
自動ドアの安全な通り方 [PDF版ダウンロード3.8MB]
お子様達への安全指導用教材の一つとしてご利用ください。
ダウンロードしたものを、必要な数だけコピーしてご利用ください。
A4用紙4枚にコピーし二つ折にして綴じると小冊子状になります。
  【注意】著作権保護のため内容の変更はしないで下さい。
非営利目的のご利用は無償です。
非営利目的でこの著作物を利用されるときは当協会は一切の請求も負担も致しません。
第三者が無断でこの著作物の一部または全部を営利目的に使用することを禁じます。

前のページに戻る

Copyright (C) Japan Automatic Door Association 2004